ff6 - 07.5 narche ナルシェ援軍3


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 ちなみにロックは、モーグリがガード側の味方につくという可能性はまったく考えて
いない。自称トレジャーハンター(兼・反帝国組織リターナー関係者)にとって、持ち
合わせたロマンとプラス思考は最大の武器なのだ。自分のことをドロボウ扱いする
人々に対して、この主張は今後も続けるつもりである。
 数えてみると11匹のモーグリが、どこから持ち出してきたのかそれぞれ武器を手に
隊列を組んでいる。みなぎる闘志は、言葉を通わせない相手からでも直に伝わって
くる。いつか目にした文献通り、見た目に似合わず獰猛な生き物なのだなと実感し
ながら、群の中のモーグリに目が止まった。
「クポ!」
 周囲のモーグリ達に比べて一回り体格が大きいように見えた。言葉こそ分から
ないが、槍を振って他のモーグリを誘導している姿から察するに、どうやら配置を
指示しているようである。そのことからも、彼がこの群のリーダーなのだろうとは
すぐに見当がついた。
「……クポー」
 リーダーと思われるモーグリのすぐ後ろには、群の中でもひときわ小さなモーグリが
立っていた。リーダー格のモーグリと比べてしまうせいか、よりいっそう小ささが目立つ。
(親子……なのか?)
 そう思ってロックはその2匹の様子を観察するように、無意識のうちに目で追っていた。
3つに分けた隊列の先頭を歩くリーダー格のモーグリのすぐ後ろを、小さなモーグリは
離れずについて歩く。ときおり気遣うように後ろを振り返るリーダーに、小さなモーグリは
頷くように短い首を振って応えた。
 ロックには、残念ながらモーグリの言葉を理解する能力はない。けれどもそんな姿を
見ていると、まるで彼らが“親子”以上の絆で結ばれているように見えるのだ。
「……クポ!」
 ミスリルスピアを担いだリーダー格のモーグリが、槍を掲げる。まるで開戦を告げる
武将のような、とても勇ましい姿である。他のモーグリ達はそれに従うように武器を構えると、
いっせいに前方を見据えた。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。