FINAL FANTASY IV プロローグ5


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「カイン・・・。」
セシルはもう一度カインに詫びた。
「気にするなと言っただろう。どうした?お前らしくもない。」
「僕は陛下の命令で暗黒剣を極めた・・・。でもそれは、バロンを守るためだ。
罪もない民から略奪をするためではなかったはずなのに。」
「そんなに自分をせめるな。」
見兼ねたかようにカインが言う。
「陛下にもお考えがあってのことなのだろう。」
「カイン。君が羨ましいよ。」
セシルは思わず本音を漏らした。
国のためといえども、負の力に走ってしまった自分は間違っていたと感じたのである。
「俺の父も竜騎士だった。
暗黒剣を極めれば、暗黒騎士と認められ階級もあがるだろうが、俺にはこっちの方が性に合う。
竜騎士でいれば、幼いころに死に別れた父をいつでも感じられる。そんなきがしてな・・・。」
カインは聞かなかった振りをして話す。
その気遣いに気づき、セシルは黙ってしまった。

「フッ」
カインが軽く微笑む。
「らしくない話をしてしまったな。ともかく、考えすぎるな。
お前がそんなんじゃ、こっちも張り合いがない。俺が一人で幻獣を倒してしまうぞ。」
その挑発的な一言に、セシルが思わず声を上げる。
「僕も負けはしない!」
セシルの顔は少し明るさを取り戻していた。
「明日は早い。早く休めよ。」
その表情を見て安心したのか、カインはそう言い残して広間の方へ行ってしまった。

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。