FINAL FANTASY IV プロローグ6


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

”準備は俺に任せて、今夜はゆっくり休め”
カインの厚意に甘え、西の塔に与えられた私室へ向かうセシルを、ひとりの女性が呼び止めた。
「セシル!」
彼が振り向くのを待たず、ローブの裾を軽くはためかせて、声の主はセシルに駆け寄った。繊細な顔立ちと、意志の強い瞳を併せ持つ、白魔道士ローザ。窓から差し込む夕陽を受けて、緩やかに波打つ髪が、彼女の名に相応しい色彩を帯びている。
「良かった、無事だったのね。
 あまり急な任務だったので、心配したわ」
「無事さ、僕らは…
 無抵抗な魔道士相手に、傷など負いはしない……」
「セシル!」
捻じ曲げた口の端から自嘲を溢れさせた暗黒騎士を、咎めるようにローザが叱咤する。
その口調は、あたかも母か姉のような労りに満ちていた。
──孤児であるセシルの記憶には、そのどちらも存在しない。
ただ、あえて任務の内容に触れなかった、ローザの優しさが嬉しかった。
だが今はその気遣いも、かえって彼の傷を浮き彫りにしてしまう。
彼女の励ましに、すぐに報いることは不可能だった。
「後で、あなたの部屋に行くわ……」
「ああ…」
「それじゃ」
軽く首を傾げて見を翻すローザを、セシルはぼんやりと見送った。
迫る夕闇の中で、長い渡り廊下を遠ざかる後姿が、白く浮かび上がる。
たなびくローブの先端が角の向こうに消え、向きを変えようとしたセシルは、彼自身がまとう鎧の一部に目を止めた。
漆黒に赤を映しこんだそれが、返り血のように見えてしまい、セシルは一瞬、立ち竦んだ。

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。