第二話 Other World 2 > 3


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

スタジアムには、既に多くのファンが殺到していた。選手入場口も例外ではない。
ファンはティーダの姿を見るやいなや、一斉に集まってきた。
「通して通して!はいはい、ごめんね~」
ファンを掻き分け入場口を目指すが、中々たどり着けない。
「遅れちゃうっつーの……おい、引っ張んなって!」
普段は温厚なティーダも、流石にいらついている。しかし、ようやくガードマンがファンの洪水をせき止めてくれた。
ティーダはファンに手を振ると、早速控え室へと走った。試合まであと少し。ウォームアップは、十分だ。

その男は、小高いビルの屋上からスタジアムを見下ろしていた。エンジ色の、着流しのような服装をした白髪混じりの男だ。
彼はスタジアムから遠い海へと視線を向けた。旧い友人を見つめるような目で。
そして、海は少しずつ隆起をはじめ、巨大な球状に変化する。その中に、異形の怪物を宿して。
男はそれを確認すると、腰に提げた酒瓶を傾け、一息に飲み干した。
そして、ザナルカンドに悪夢の夜が訪れる。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。