FF7 14


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「…うっ!」
突如頭を抱え込むクラウド。意識が朦朧とする。

『パパ…!セフィロスね!全部セフィロスがやったのね!セフィロス…ソルジャー…魔光炉…
神羅…全部!全部大キライ!!』
ティファらしき人物が魔光炉と思われる場所で叫んでいる。目の前には彼女の父親らしき人物が横たわっている。
(こ、これは…ティファ?とティファの親父さん…?うぐっ何なんだ…)

「クラウドどうしたの?」
「うっ…ティファ……」
哀しそうな目でクラウドはティファを見つめた。
「いや、何でもない…すまなかった。急ごう」
爆弾を取り付け急いで脱出経路へ向かう三人。
しかしもうちょっとで地上に出られるという所で神羅兵に取り囲まれてしまった。

「神羅兵!?なぜこんなとこに待ち伏せてやがる!」
「……罠だな」
しばしの沈黙の後クラウドが呟いた。
奥から一人の人物がゆっくりと歩いてきた。
「「「プレジデント神羅!」」」
「久しぶりだな、プレジデント…」
「ああ、君がアバランチに参加してるという元ソルジャーか。ええと名前は…」
「クラウドだ。覚えておけ」
自分の名前を覚えていなかったためか、少し苛立った口調で吐きかけるクラウド。
「もうすぐここも爆発で粉々になるぜ!さまぁみあがれ!」
二人の会話を遮る様にバレットが意気揚々に叫ぶ。
コホンと一つ咳払いをしてからプレジデントが周りを見渡した。
「悪いが、君達の相手をしてる暇はないのでね。キミ達にはコイツの実験台になってもらおう」
プレジデントがパチっと指を鳴らした直後であった…。

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。