ff6 - 42 figaro


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「エドガー、その甲冑は…?」
「あぁこれかい?フィガロの技術を結集して完成させた機械甲冑さ!
事態にそなえて急ピッチで仕上げたから、
さすがに新開発のドリルまで搭載するまではいかなかったが…。それより、ロック、大丈夫か?ティナは?」
「おれは、軽傷だ。ティナ?」
ロックは震えるティナを抱き起こした。
「あの人たち、悪い人なの?私…こわい…。」
「ティナ、会ってほしい人がいる…。」
エドガーがおもむろにきりだした。
「俺達は地下組織リターナーのメンバーだ。」
「その指導者バナンに会ってくれないか?今度の戦争は『魔導』の力がカギになっている。」
「魔導……。」
ティナは自分の中に眠る力を呪っている。
無理もないことである。その力のおかげで、帝国に利用され、
幾人もの命を奪い今も自分を苦しめている。
彼女は考える。
もし、この力を持っていなければ、ジュンやロック、エドガーたちはここまで自分のために戦ってくれるだろうか。
彼らもつまるところ、関心があるのは、この力で、自分自身ではないのではないか。
「ティナには魔導の力がある。その力は幻獣と反応しあった。何か関係が…」
核心をついたエドガーの言葉に、ティナは声を荒げずにはいられなかった。
「私は何も知らないわ!あの力も気がついた時は自然と使えるように…」
「しかし生まれつき魔導の力を持った人間などいない!」
気まずい空気が流れる。
「すまない。」
「私どうすれば…。」
もう、わからない。これからどうすればいいのか。どう生きればよいのか。
帝国から助けてくれたエドガーにあやまらせて、いじけて、最低だな私…。
「帝国がティナの力とその秘密を狙って追ってくるだろう。力が帝国の手に渡ったら世界はおしまいだ。
ティナも自分の持っている力の正体を知りたいだろう?ならば、バナンに会い真実を見極めてほしい。」
「………。」
それが、今一番良い方法なのかもしれない。その人に会うことで、
自分が何者なのかを確かめることが出来るのなら。
何より、今初めて自分の心に出来ようとしている、この人と人との暖かい繋がりを絶ちたくない。
「俺からもたのむ。」ロックがティナのほうをみつめている。
ロックは体を張って私を助けてくれた。エドガーも国を犠牲にしてまで、私の身を案じてくれた。
私の力が何なのか今はまだ分からない。でも、私は彼らの力になりたい。
その気持ちは本物だ。
初めて選択できた自分の意志─
「…分かった。私、バナンさんに会うわ。ごめんね、エドガー。」
「フッ、構わないさ。女性を悲しませてしまうのは私の性分だからね。」
「ふふふ、そうね!」思わずティナから笑みがこぼれた。
「やはり、女性は笑顔が一番!よし!南に向かおう!
サウスフィガロへと続く洞窟があるはずだ。じきチョコボたちも戻ってくるだろう。」
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。