FF9 OP1


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

十六歳の誕生日、王女はいつもの夢で目覚めた。
嵐の夜、荒れる海原、いつ転覆してもおかしくないような小舟。
そんな状況で少女と女性が必死に生き延びようともがく夢だ。
王女はそれが自分であるかどうかもわからないし、その日に
何があったかもわからない。ただ、その夢に秘められた
忌まわしい記憶だけが王女の心の片隅に残されていた。
窓を開けてみる。滅多に出ることのないこの城で、唯一
自由に外の世界を見渡せる場所。
もう夕闇迫るアレクサンドリアの空を真っ白な鳥が
群れを成して飛び立っていった。
王女はその鳥の名前も知らないし、アレクサンドリアでは
別段珍しくもない鳥だ。しかし、その鳥を見るたび王女は
思うのであった。
「あの鳥のように、私も自由になれたら…」

      「君の小鳥になりたい」
「最高に切ないラブストーリーを今…
 呪われし運命、消せぬ記憶…。夢と現実と、そして生と死と」
時同じくして、とある飛空艇の中。
少年は、そのお芝居のパンフレットらしい冊子を握りしめ、
つぶやいた。
「いよいよ今日が、決行の日か…」
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。