FF9 OP4


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「幕間にオレがこいつで城の連中を混乱させる…と」
そう言ってブランクが取り出したものは「ブリ虫」。すばしっこい上に
しぶとく、しかも見た目にもなんとなく気持ち悪いのでみんなに
嫌われている虫である。ブランクもその例外ではない。
「しかし、いくつになっても慣れないもんだな、ブリ虫って。
まあ、仕方ないから我慢するけどよ。…で、その後はジタン、お前の
出番だぜ!」
「よし、わかった!その間にブラネ女王を誘拐すればいいんだなッ!?」
「そろそろやばいずら…」シナがつぶやいた。
「………ジタン、今ので何回目だ?」
バクーが怒りを押し殺すように静かに聞いた。
「えっ……と……。三回くらい…言ったような……気が……するな。」
「ちっがーーう!!なんべんやらせるんじゃ!
こっちはヒマじゃねえんだ!マジメにやらんかい!!」
「わ、わかってるって!誘拐するのはガーネット姫だろ?」
「わかってるじゃねえか!!」バクーは続けた。
「そうだ~、我々が誘拐するのは、アレクサンドリアはじまって以来の
美姫と名高いガーネット姫!」
「もうそろそろ着く頃ずら。ちょっと外の様子を見てくるずら。」
シナが甲板に出て身を乗り出した。アレクサンドリア城の目印でもある、
巨大な剣を天にかざしたようにそびえたつ塔がかすかに見える。
「見えてきたずら、アレクサンドリアずら!」
バクーが威勢よく叫ぶ。「おめーらっ、準備はいいな!?」
「おおっ!」ジタン達は、その倍近い声で応えた。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。