FF9 アレクサンドリア城の人々#2-1


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

今より少し前のことだ。よく晴れたある日、スタイナーはいつものように
アレクサンドリア城周辺のパトロールにいそしんでいた。
「異常なーし!」スタイナーは城内に帰ろうとしたとき、一つの小さな
箱を見つけた。「ムムッ、何だこれは」通路の真ん中にポツンと
置かれたその箱をスタイナーは疑いの余地もなく開けた。
するとその中にはモンスター!!………が思いっきりマヌケになったような
人形が飛び出してきた。「こ、これは妖術の類でござるか!?」
スタイナーは腰を抜かして驚いた。もうその時には32才なのに、だ。
「スタイナーのヤツ、ビックリ箱なんかに引っかかってるぜ!!」
「アホもここまで来ると、奇跡ね!」「本当、素晴らしいなアイツは」
箱を仕掛けたらしき子供たちが、褒め称えているのかけなしているのか
よくわからない批評を口にしていると、スタイナーが血相を変えて
子供たちに近づいてきた。
「こらあっ!お前たちか!こんなのを仕掛けたのは!!」
子供たちはすっかりからかい慣れていて、びびる様子もない。
「なによ、ひっかかったアンタが悪いんでしょ」
「子供相手に本気になるなよ、スタイナー!」そして、次の言葉が
スタイナーの理性にトドメを刺した。
「隊長のオマエがそんなんだからプルート隊もうだつが上がんねえんだよ」
するとスタイナー、剣を鞘から抜き出し正面に構え………。
「うわああああ~~ん!!」と泣きながら剣を無茶苦茶に振り回した!
繰り返しになるが、彼はその時には32才である。文字になっているから
笑い事で済ませられるが、32の無骨なオッサンが
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。