第1章 SeeD-39


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「さあ、次はてめぇの番だぜ。覚悟しな」
ヴィックスに応急措置を施しているウェッジに対し、サイファーが声を張り上げた。
しかし、その声にいつもの力強さはない。息遣いも荒く、胸からの出血も収まってはいない。
なのに、まだ続けるつもりなのか、サイファー・・・
「無茶だぜサイファー、その傷で」
「そーそー、無茶だよ~」
「やかましいっ!」
ゼルとセルフィが口々に諌めるが、サイファーは聞く耳を持たない様子だ。
「彼等の言う通りだ」
応急措置を終えたウェッジが立ち上がり、口を開いた。
「貴様はヴィックス少佐と尋常に立ち合い、そして見事に勝利を収めた。その誇りを胸に、ここは退くがよい」
「なんだと!てめぇ、逃げるのかよ」
「ヴィックス少佐には及ばぬものの、私とて武人の端くれ。手負いのものを倒す拳は持たぬ」
そう言うとウェッジは俺たちに向き直り、言葉を続けた。
「まずは彼の手当てを。その上で、誰が私と立ち合うか、決めるがよい」
「馬鹿にすんじゃねぇっ!」
激昂したサイファーが、ガンブレードを振りかぶってウェッジに突っ込んで行こうとした。
止むを得ないな・・・
俺はサイファーの前に回りこみ、当て身を食らわした。
「ぐっ、スコール、てめぇ・・・」
「悪いな、サイファー。セルフィ、サイファーを頼む」
「おっけー、まかせて♪」
気を失いくずれ折れるサイファーをセルフィに任せ、俺はウェッジに向けてガンブレードを身構えた。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。