FF9 ガーネット姫誘拐作戦、決行#2


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ジタンとブランクはプルート隊控え室を出て、小さな通路に立った。
ブランクがぐるりと半円を描くようにして二階に上って行く、その階段を指して説明を始める。
「事前の調査によるとだな…、この階段の上に、王室の観劇席があるらしいぞ。」
「ああそう、で?」
「“で”?“で”? この期に及んで“で”だと?
あのなあお前、オレがせっかく親切で教えてやってんのに“で”ってなんなの?
オレの親切心、泡に返して楽しい?
“趣味・人の心をないがしろにすること”ってどんな変態だよ、お前。
まあ、オレはお前ならいつかはやると思ってたわな。大体お前は……。」
ミヒャエル・エンデ「はてしない物語」より果てしなく続きそうなブランクの愚痴を
遮るべく、ジタンが口を挟んだ。
「ブランク!芝居が終わらないうちに、さっさと仕事済ましちゃおうぜ!」
「おおっ、そうだった。よし、行くぞ!」
ジタンが先頭に立ち、ブランクが後を追う形で、二人は階段を上っていく。
先頭に立つジタンが階段を上りきった、そのとき。
「あの……。道を譲ってくださらないかしら?」
ジタンの前に立っていたのは、白いフードを目深にかぶった女の子だ。
顔はよく見えないが、華奢な体つき、丁寧な口調からは育ちのいいお嬢様を思わせる。
ジタンは顔をチェックしようと、フードの中を覗き込んだ。
「あの……。急いでいるので、失礼してよろしいでしょうか?」
フードに隠された顔にハッとして、女の子を引き止めるジタン。
「ちょっと待った!」
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。