序章 勇者の誕生4 予言


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

地震は少し止んだ様だ。
俺は一息つこうと道具袋からポーションを一瓶取出し飲み干した。
ポーション・・・これが有れば飢えも渇きも解消できる、つまり体力回復ができる旅の必需品だ。
俺は道具袋からもう一瓶取出し子供に勧めた。
「いいの?」
「遠慮すんな、飲め。」
俺は老人の方に駆け寄った。
「爺さんも飲むか?」
「いや、いらん。ところで若いの、あの塔が見えるか?」
俺は老人が指差した方をみた。
「あれは・・・」
「あれがこの災いの源、闇王ダークキングの住まう塔・・・フォーカスタワー。」
俺は息を呑んだ。目に映ったのは果てしなく高き塔だった。
「古の戦いで封印したが・・・奴め、クリスタルの力を奪って復活しようとしておる。」
「村を沈めたのはそいつか!」
「左様、奴が蘇る時封印されていた災いが世界に降り注ぐのじゃ。・・・このままでは奴は完全に蘇り・・・世界は滅ぶ・・・」
「一体どうすりゃいいんだ・・・」
「わしはダークキングを再び封印する勇者を探しておったが・・・お主にその素質がありそうじゃ!」
「俺に?おい爺さん、冗談は顔だけに・・・」
しとけよと俺が言おうした時さっき助けた子供の悲鳴が聞こえた。
俺は慌てて振り返りそして血の気が引いたような気がした。
視線の先には牛型の魔物がいたのだ。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。