一章 枯れた森2 失われた緑


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

空を見ると空が茜色に染まっていた。
こんなところさっさと抜けたいが、老人との約束があるので俺は動けない。
仕方ないのでテントを破って野宿することにした。
おそらくこの森での食料確保は出来ない。
腹も減ってなかったので、すぐに寝ることにした。
今日はなんか色々あった。
日課で書いている日誌を書きながら今日あったことを思い出す。
気付くとテントの前に人影が見えた。
テントから出て確認するとそこにはあの老人がいた。
「ほっほっほ、待たせたのう。」
「そんなとこにいたのか。で、どうすりゃ良いんだ?」
「・・・まずはクリスタルについて教えようかのう。まずこの世界には四つのクリスタルがあるんじゃ。それぞれ、土、水、火、風を司るクリスタルがな。
それらはフォーカスタワーを中心として四つの地方に分けて存在しているのじゃ。そして、ここフォレスタには土のクリスタルがある。それぞれのクリスタルには【力】がある。
土のクリスタルの【力】は【生み出す力】じゃ。闇の力は言うならば【マイナス】じゃ。ダークキングは全てのクリスタルに【マイナス】を加えておるのじゃ。」
「+×-=-ということか?」
「そうじゃ、クリスタルはいま【マイナス】となっておる。【生み出す力】の【力】を持っている土のクリスタルは今逆に木々や人間、果てには魔物の力すら奪っておるのじゃ。そこでお主、【光の勇者】の出番じゃ。
【光】はクリスタルにとっては【プラス】、【闇】にとっては【マイナス】じゃ。」
「じゃあ土のクリスタルのところに俺が向かえば良いんだな。」
「待つんじゃ、お主だけでは無理じゃ。」
「なんでだ?【光】はクリスタルにとっては【プラス】なんだろ?」
「【心】が無いんじゃ、土の【心】を持った、【土の戦士】がの。」
「誰なんだ、【土の戦士】ってのは?」
「わしも知らん。わしは【光の勇者】に道を教えるだけじゃ。その道でお主が何しようが勝手じゃ。一緒に土のクリスタルを【プラス】に変えた者が【土の戦士】なのじゃ。【光】だけではクリスタルを【プラス】に変えることはできん。
ともに戦う仲間を探すのじゃ・・・。」
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。