一章 枯れた森4 放浪の勇者


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

夜明けに出発した筈なのに、日が大分昇っている。
地図を見ながら進んでいたが・・・
「もし、そこの若いの。」
老人に呼び掛けられた。
「なんだ?爺さん」
「ワシはのう自分の町に帰りたいんじゃがの・・・ほれ、あの岩が邪魔してのう・・・すまんが退かすのを手伝ってほしいじゃ。」
老人の後ろを見ると結構な大きな岩がある。
だが二人なら押せそうな大きさだ。
数分後・・・
「なんとか、通れそうじゃ。」
「なんでまたこんなとこに岩が・・・」
「いやぁ、わしが町に魔物が入らないようにバリゲート代わりに置いたものでのう。」
「そんで、置いてみたら自分が通れなくなったと?」
「そうじゃのう。」
「はぁ・・・ところでこの先に町があるらしいが案内してほしいんだ。」
「そうじゃのうこんなとこで立ち話もなんじゃ。」
俺は老人についていく。
そして・・・
「ここが・・・フォレスタの町じゃ・・・」
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。