第1章 SeeD-43


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「すご~い!やるぅ~」
傍らにいるセルフィが感嘆の声を上げた。
ゼルの奴、ハッタリや虚勢などではなく、今まで本当に力を抑えていたというのか・・・驚きだ。
「どうやら貴様の言う通りらしい。私は貴様を過小評価していたようだ」
「わかってもらえて嬉しいぜ。さあ、行くぜ!」
「うむ、来い!」
両者が激突する。
空気を切り裂き、うなりを上げて繰り出される技の数々、そして、目まぐるしく入れ替わる攻防の数々。
なんて奴らだ・・・驚きを通り越して、俺は半ば呆れた。
二人が繰り出すのは、まともに食らえばKO必至の強烈な技ばかりだ。
なのに、どちらも大きなダメージを負うことなく、それらを見事にさばき、あるいはガードしている。
まさに一進一退、勝敗は容易にはつきそうにない。
「互角、か」
「そんなことな~い!押してるよ~」
思わず口をついて出た俺の言葉に、セルフィがすかさず応じた。
俺は改めてバトルを注視した・・・確かにセルフィの言う通りだった。
スピードは互角でも、やはり破壊力にはゼルに分があるのだろう、僅かずつではあるがウェッジが後退し始めた。
「いいぞ~、行け~!」
セルフィの声援に背中を押されるかのように、ゼルがさらにラッシュをかけていく。
じりじりと後退するウェッジ。
しかしその後退はやがて、背後の壁によって阻まれることとなった。
「さあ、追い詰めたぜ」
攻撃の手をとめて、ゼルはニヤリと笑った。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。