第1章 SeeD-44


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「追い詰めた?それは違うな。私が貴様をここへと誘なったのだ」
落ち着き払った声でウェッジが返す。
「何言ってんだウェッジさんよ、この状況で何をやろうってんだい」
「こうするのだ」
ウェッジは壁に背を預けると、腰を低く身構え、気を練り始めた。そして・・・
「ハッ!」
裂帛の気合とともに、両の掌をゼルへと突き出した。
白く輝く闘気がウェッジの掌から放たれる。
「これは、百歩神拳・・・ぐわぁっ」
闘気がゼルを直撃し、ゼルはフロアの中央辺りまで弾き飛ばされ、そのまま床に叩きつけられた。
「この技、うかつに放てば反動で己が身も吹っ飛んでしまうのでな」
なるほど、それで奴は壁際まで後退し、それを支えとしたのか。
「とどめ!」
ウェッジはゼルに向かってダッシュすると、前方宙返りからの強烈な踵落としを放った。
「んなろ」
かろうじて寝返りを打つゼル。
ドゴン!!
数瞬前までゼルがいた箇所に、ウェッジの踵がめり込んでいる。
「百歩神拳とは・・・恐れ入っちまうぜ」
辛くも一撃を逃れたゼルが、苦しい息で言った。
百歩神拳、文字通り百歩の距離から相手を倒すという伝説の拳。
闘気を目に見えるまでに練り上げ、相手にぶつける・・・言葉にすれば簡単だが、
これを実戦レベルで体現しうる者など、存在しないと思っていた。
なのに、実際にこの目で見ることになろうとは・・・ウェッジという男、底が知れない。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。