第1章 SeeD-45


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「貴様ほどの男、下手な情けは却って屈辱となろう。本気で倒す」
そう言うとウェッジは再び壁際まで後退し、百歩神拳の構えをとった。
ゼルは片膝をついたまま、 まだ立ち上がれない。かなりのダメージを負っているようだ。
「その様子では、次はかわせまい」
「勘違いすんな。状況は今でも俺に有利なんだぜ。アンタは壁際、逃げ場はないんだ」
苦しい息ながらも、ゼルが言い返した。
何を言ってるんだ、ゼル・・・俺は耳を疑った。
ウェッジに逃げ場がない?確かにその通りだが、この状況で奴に逃げる必要がどこにある。
奴には百歩神拳があり、その射程内にゼルを捉えているんだぞ。
百歩神拳を掻い潜り、奴に攻撃を加えることなど、今のゼルには不可能のはずだ。
「強がりはよせ。貴様はもう手詰まりなのだ。これで終わらせる」
ウェッジが気を練り始めた。
「手詰まりなんかじゃねぇよ。俺にだって飛び道具はあるんだぜ」
「なんだと?」
「食らえっ、バーニングレイヴ!!」
ゼルが渾身の力を込めて足元の床を殴りつけた。
ビシッ!
床に亀裂が生じた。亀裂はそのままウェッジに向かって疾走していく。
「なんと!」
亀裂は進むにつれてその規模を大きくしていき、ウェッジに到達する頃には巨大な裂け目となって、ウェッジを飲み込んでいった。
「ぐふっ、なんと・・・このような、技が・・・」
瓦礫の山に埋もれたウェッジが、切れ切れの息で言った。
「だから言ったろ、逃げ場はないって」
「そうだな・・・貴様の、言うとおり・・・わ、私の・・・負け、だ・・・」
言い残して、ウェッジは意識を失った。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。