ff6 - southfigaro-2


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

フィガロ、サウスフィガロ間を結ぶこの洞窟は「サウスフィガロへの洞窟」と称されている。
砂漠のキャラバンや、行商人、旅芸人などかなりの交通量があるため、
暗がりではあるが、最低限のたいまつが炊かれ、道もある程度舗装されている。
洞窟内は外に比べて、気温が低く、熱射の砂漠を通ってきた一行にとっては、とても快適だった。
「実は、彼らに少し調べものを頼んでおいたのだよ。」
エドガーが二人を先導する。
サウスフィガロはフィガロの姉妹都市であり、エドガーもこの洞窟は何回か通ったことがある。
「何をだ?」
ロックがすかさず聞き返した。
「…ティナ、前のこと、といっても二日前ほどのことだが…思い出せるか?」
エドガーの問いにティナは少し不安そうな顔をしたが、静かにうなずいた。
「やってみる。それで…何を思い出せばいいの?」
「どうやってナルシェまで来たのか教えてくれないか?」
エドガーは歩みを止め、ティナのほうを振り返った。
「どうやってって、そんなの帝国ご自慢の空軍部隊(インペリアル・フォース)で
ベクタ大陸を南下して北から入ったんじゃねぇの?」
「ナルシェは北・東・西を山々に囲まれたいわば天然の要塞のような場所だ。
加えてあの地域には独特の寒冷風が渦巻いている。いくら帝国の空軍部隊でも、なかなか突破するのは難しいだろう。
そう考えると答えは一つ…。」
「ナルシェの南から陸路での進入か!」
ご名答、とばかりにエドガーは片目をつぶった。
ティナはしばらく辺りを見回していたが
「…自信ないけど、わたしここを通った気がする。」と呟いた。
「先ほどの兵士たちからも、ここ最近魔導アーマーらしきものが通った形跡があると報告を受けた。」
「待てよ!ここを抜けるにはサウスフィガロを通らなくちゃいけないんだぜ。
サウスフィガロはフィガロの姉妹都市なんだし…。
目的不明の魔導アーマーが三機も町を抜けることなんて不可能だろ?」
「私もそう思った…が、内通者がいれば話は別だ。」
そこまで聞いたロックは、エドガーの懸念を理解した。
「なるほどな。
ベクタ大陸のマランダから海路でサウスフィガロへ入り、内通者の協力を受け、町を抜け出した後、
この洞窟を通ってナルシェに攻め入ったってことか…。」
「そういうことだ。
リターナー本部へは、コルツ山を越えなければならないが、今の状態では厳しいだろう。
内通者のことは気がかりだが、装備を整え、体もを分に休めるためにも、サウスフィガロへ立ち寄る必要がある。
町では慎重に行動することを心がけてくれ。」
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。