ff6 - southfigaro-3


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

サウスフィガロへの洞窟を抜けると、あたりはとっぷりと日が暮れていた。
ロックが取り出した自前の双眼鏡には、遠くにサウスフィガロの明かりが映っていた。
「今から夜通し歩けば、朝までにはサウスフィガロに着くかな?」
腕時計と月に照らし出される自分の影の角度を見ながら、ロックは提案したが、
エドガーは、難色を示した。
「サウスフィガロの状況も昼間の兵士に聞いたが、今晩はよしたほうがいい。
ここ最近の戦々恐々とした世情を踏まえ、夜には自警団が町の警備についているらしい。
行くなら夜が明けてからだな。」
「じゃあ、今日は野宿…」
と、ロックが言いかけたとき、ティナの明るい声が聞こえてきた。
「ねぇ、あっちに家が建ってるわ。泊まらせてもらえないかしら?」
ティナの指差した方向には、木造の一軒家が建っていたが明かりはついていなかった。

家の周囲は閑散としていて、数日間人が帰った気配はなかった。
家を一通り見回ったロックが、リビングで待っていたエドガーとティナの所に帰ってきた。
「奥の部屋にベッドがあるな。ティナが使えよ、おれとエドガーは交代で起きとくからさ。
ここの住人が帰ってくるかもしれないし。」
「分かった、ありがとう。ねぇ、ロックこれ何の花かな?」
ティナが見ていたのは窓辺に置かれた青々と咲いた花であった。
「おっ!『ブルー・ド・オアシス』別名『砂漠の涙』って花だな。
普通は、砂漠にしか咲かない花で、室内で育てるような種じゃないんだけどな。
品種改良でもされてるのか?よっぽど好きなんだろうな。」
「その花…」
エドガーは、驚きの表情でその花瓶を見つめている。
「どうした、エドガー?」
「い、いや何でもない…。」
エドガーは、花に背を向けソファーに腰掛けた。

「?じゃあお休みなさい。」
ティナが寝室まで案内したあと、リビングに戻ったロックはエドガーの隣に座り、
部屋の掛け時計に目をやった。
「さってと、夜明けまで五、六時間てとこか。三時間交代だな。コーヒーでも飲むか?」
ロックはそういうとキッチンの方へ向かった。
しばらくすると、キッチンからガサゴソと気になる音が聞こえてきたため、
エドガーは様子を覗いた。
「ロック?何やってるんだ?」
「へへっ!職業柄こういう普段使ってる食器を見れば、
大体どんなやつが住んでるのか分かるのさ!
っとこれは……残念!たいした値打ちはないな。でも、珍しいな、フィガロ産の食器か。
機械類はしょっしゅう目にするけど、陶器も生産してるんだな。
ナルシェ産ミスリル100%ならジドールの貴族たちに人気だから高値で売れるんだけどな。」
「ロック…」
呆れた様子のエドガーにあわてて食器を棚に戻した。
「冗談、冗談!おれは、トレジャーハンターだぜ!ドロボウじゃないんだからな。
…コーヒー豆はないみたいだな。仕方ない、このハーブティーで我慢するか。」
「悪いが先に休ませてもらうぞ。三時間後起こしてくれ。」
そう言い残すとドカッとソファーに寝そべった。
どこか懐かしい淡いハーブの香りに包まれながら、エドガーは深い眠りに落ちるのだった。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。