ff6 - southfigaro-6


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

地図を辿っていくと、こじんまりとしたどこか品の良いレンガ造りの家が建っていた。
庭もきれいにガーデニングされており、
その中には昨晩の小屋で見かけたブルー・ド・オアシスの姿もあった。
エドガーが呼び鈴を鳴らすと、間もなくパタパタと足音が聞こえ、ドアが開いた。
そこには、小奇麗な老婆の姿があった。
「私はフィガロの王、エドガーと申す者。
ここに…マッシュ…という男がいるということを聞き訪ねてきたのだが…。」
(どことなく、婆やにも似ているな。)
そんなことを考えていると、
(あなたが…)といった表情でエドガーの方を見つめていた老婆はやがて、一礼をした。
「…ダンカンの妻、クレアと申します。マッシュからも聞いております。
彼の兄上でもあられるのでしょう。狭いところですが、どうぞ。」
案内された室内はきれいに整頓されていたが、老婆の一人暮らしのような様相でもあった。
「…主人は、ほとんどこの家には帰ってきませんの。旅と修行が三度の飯よりも好きなような人でしたから…。」
エドガーの心を読み取ったのか、椅子に腰掛けたエドガーのほうを見ながら、クレアも椅子にすわり語り始めた。
「…十年ほど前のことでしょうか。主人がマッシュを連れ帰ってきたのは…。
あの子はとても素直で、優しい子でした…。
最初の一年は私と一緒にこの家で暮らしていました。でも、やはり主人が恋しいようで…。
そのうち主人の後ろにくっついて一緒に旅をするようになり、三年目の春。
マッシュは正式に主人の、ダンカン流格闘術の弟子となりました。
それからは、私たちの子、バルガスとともに、修行の毎日を送っていたのですが…。」
そこまで語るとクレアの瞳から涙がこぼれ落ち、話すこともままならない状態になった。
エドガーが落ち着かせようと立ち上がったが、クレアは首を振り、小さな声で大丈夫です、と返事をした。
「…取り乱して申し訳ありません。
二日前のことですが…突然マッシュが家へ帰ってきました。
あの子は満身創痍で、何か修行中に事故でもあったのかと尋ねましたら、そうではないと。
私たちの実の子バルガスが、主人を殺したと…。自分があの子を止めると申して飛び出して行こうとしましたの…。
私はマッシュを引きとめ、事情を聞きました…。」
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。