ff6 - southfigaro-7


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

それは、三日前のこと…。
コルツ山の山頂で、マッシュは瞳を閉じ、精神統一をしていた。
聞こえるのはセルピアスのいななきと、コルツ山のふもとを流れるレテ川支流の滝の音だけである。
その時、不意にマッシュの右側に石つぶてが飛んできた。
(つぶてはフェイク!本命は…)
カッと目を見開くと、素早く左側に体を半開させた。
砂塵が舞う中、そこにあったのはダンカンの突き出した拳であった。
「…ふむ!だいぶわしの動きにもついてこられるようになったな。
お主は、少々力任せな気性があるが、同じくらい相手を読むことができれば、
わしやバルガスを超えることもできるであろう!」
褒めることが苦手なダンカンから、ここまでの賛辞を受けたことのないマッシュは歓喜に震えた。
「ありがとうございます!」
マッシュが頭を下げたとき、黒い影がマッシュの隣を横切った。
「親父、話がある。」
黒々とした長い髪を大雑把に後ろで縛り、日焼けした褐色の筋肉は隆々としている。
その筋肉の鎧をまとった体格はマッシュより、さらに一回り大きい。
「…バルガス、修行中は、師匠と呼ぶようにと常日頃から言っておるだろう。」
「すいません、師匠お話がございます。」
バルガスは仰々しく頭を下げた。
ダンカンはニコリともせず、バルガスとともに去っていった。
近頃、ダンカンとバルガスの間にわだかまりができていることは、マッシュも感じていた。
おそらく、バルガスがマッシュたちから離れ、独自で修行を開始した頃からである。
先ほどの修行で、そうとう神経を使ったため、マッシュは疲れ地べたにゴロリと横になった。
先月、風の噂で、フィガロが帝国と同盟を結んでいたことを聞いてからは、マッシュの頭の中はそのことでいっぱいだった。
(兄貴が、このまま帝国の犬に成り下がることはないと思うが…。)
ダンカンと共に世界中を旅するうちに、帝国のやり方にはマッシュも強い反感を持つようになっていた。
青い空を眺めながら、そんな事を考えていていたが、突然の轟音と爆風が、マッシュを叩き起こした。
「な、何だ?」
音のした方向へ向かうと、そこには信じられない光景が広がっていた。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。