ff6 - southfigaro-8


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「ククク、惨めなものだな。両足を折られては、もはや立つことすらままならぬか?」
そこには、足を押さえうずくまるダンカンと、それを見下すバルガスの姿があった。
「し、師匠!?バルガスさん!?」
「き、来てはならぬ!マッシュ!」
思わず、駆け寄ろうとするマッシュであったが、ダンカンがそれを制した。
「動くな!動けばこの男を崖から突き落とす。」
「クッ!バルガスさん、一体どういうつもりです!?」
「…答える舌はもたん。ここで屍となる貴様にはなぁ!!」
バルガスのダンカン流にはない、つまりマッシュの見たことのない構えをとった。
「くらえ!我流奥義!連風燕略拳!!」
バルガスの周囲の空気が、突き出したバルガスの両の掌の中で球状に圧縮されていく。
そこから竜巻といってもよいほど、強力な突風が巻き起こり、マッシュを襲った。
「うわぁあぁあ!」
必死に防御したマッシュであったが、あまりに強力な風を受け、吹き飛ばされ深い谷へ落とされてしまった。
「くそ!マッシューー!!」
とっさの判断でダンカンも、バルガスの一瞬の隙をつき自ら谷に飛び込んだ。
「自ら、死を選ぶとはな…。それがあんたの宿命か…。」
バルガスはそう吐き捨て去っていった。

「大丈夫か…?」
ダンカンは崖の中腹に突き出た木の枝を左手に掴み、右手でマッシュの右腕を掴んでいた。
しかし、人二人を支えるにはその枝はあまりにも細すぎる。
「し、師匠…!手を離してください!今離せば、師匠は助かる!このままじゃあ二人とも…!」
二人の耳には、激流で有名なレテ川支流の轟音が響いている。
この高さから落ちれば、まず助からないだろう。
「ふっ…バカ弟子が…。そんなこと出来るわけなかろう。」
枝は早くもしなり、メリメリとひびが入り始めていた。
「…わしは、お前と同じくらいバルガスの素質にも惚れていたんじゃ…。
それにお主らは、わしと違ってまだまだ若い…。
二人で互いに競い高めあえば、わし超えさらなる高みへ近づけると思っていたんじゃがのう。
…本来ならわしの責任かもしれんが…。
マッシュ、わしからの最後の頼みじゃ、バルガスを、あの子を止めてくれ…。」
「師匠…まさか!」
その瞬間、二人を支えていた枝がついに折れた。
「むぅん!!」
ダンカンは最後の力を振り絞り、マッシュを天高く投げ上げた。
「し、ししょー!!!」
マッシュの叫びもむなしく、ダンカンは微笑みながら虚空のかなたへ落ちていった。
「バルガスさん…。いや、バルガス!おれはあんたを許さない!絶対に!!」
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。