ff6 - southfigaro-9


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ことの一部始終を聞いたエドガーは、しばし沈黙した。
幼く不安定だった頃のマッシュにとって、クレアは母親代わりであり、ダンカンは父親代わりだったのであろう。
そのダンカンが、実の息子に殺された。
弟子が師匠を殺したというよりも、マッシュの目には息子が父親を殺した様に映っていたに違いない。
家族を愛する男にとってそれは最も許しがたい行為でもある。

「…フィガロの王族であったことは聞いていましたが、マッシュは、それ以上のことは語ろうとしませんでした。
フィガロのことは少し気にしているようでしたが…。」
エドガーが窓のほうへふっと目をやると、外はいつの間にか漆黒の闇が支配していた。
「…色々とありがとう。明日は朝早いので今日のところは、これで失礼する。」
「たいしたもてなしもできませんで…」
と、頭を下げようとしたクレアをエドガーは制した。
「よしてくれ、頭を下げるのはこちらの方だ。
弟は…マッシュは、いい方々に巡り合えて本当に幸せだっただろう…。」

玄関まで見送りにきたクレアは、庭先で咲いているブルー・ド・レイの花を一輪積み上げエドガーに手渡した。
「マッシュが好きな花ですの…。もし、あの子に会うことがあれば、渡していただけませんか?
…それと、いつでも帰ってきて構わないと、この老婆が申しておりましたと…。」
エドガーは、優しく微笑み左手を胸に当て片ひざをついた。
「女性からの頼みごとを断るわけにはまいりませんよ…。必ずお伝えします…。」

外に出たエドガーは、ポケットから一枚のコインを取り出し、強く握り締めた。
(あの時の選択はお互いにとって、間違ではなかった…。そう思っていいんですよね…父上、母上…。)
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。