FINAL FANTASY IV プロローグ12


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「セシル…」
また、名前を呼ばれた。心配するような、心を覗き込むような…
「急にミシディアへ行ったかと思えば幻獣の討伐に行くなんて。それに戻ってきてから、様子が変よ…」
しばらくの沈黙の後に、「なんでもないよ、ローザ」と押し殺した声が聞こえた。
「だったら、こっちを向いて」
「ローザ…」
肌の柔らかい感触を感じた。すべてを包容するような、冷え切った手を暖めるような。
「僕は…僕はミシディアで、罪もない人々からクリスタルを!この暗黒騎士の姿同様、僕の…僕の心も!」
「…あなたはそんな人じゃないわ」
「僕は陛下には逆らえない臆病な暗黒騎士さ」
「赤い翼のセシルはそんな弱音は吐かないはずよ!」
間髪いれずにローザが叫んだ。そして今度はゆっくりと、静かに言った。
「そんなこと、いわないはずよ」
「私の好きなセシルは…」
セシルは手にぎゅっと力が込められるのを感じた。暖かい。
ここで初めて、セシルは振り返ってローザに目を合わせた。
「セシルの顔、久しぶりに見たわ」
「僕も、久しぶりに君の顔を見たよ」
しばらく見つめ合ったまま、二人は動かなかった。
「明朝ミストに行く。もう遅いから、君も休むんだ」
「うん…。ねえセシル、私、あなたにもしものことがあったら」
「だいじょうぶさ。カインも一緒なんだからね。さあ、もう心配入らないから…」
「気をつけてね」
その言葉を後に、セシルは体温が下がるのを知った。足跡が遠のいていき、やがてかちんかちんと、例の規則的な音だけが聞こえてきた。
「ありがとうローザ。だが僕は暗黒騎士。きみとは…」

夜は、長かった。

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。