「Prelude6」


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 祖国ダルマスカ。救う方法があるとすれば、ナルビナ城塞で敵を止めることだけだろう。それが出来なければ、ダルマスカ本土はアルケィディア帝国軍に蹂躙される。それだけは――故郷を失うことだけは、避けたかった。
 バッシュはそれだけ告げると、背を向ける。一刻の猶予もない――飛空挺を多く所持するアルケィディア軍が、矛先をナブディスからナルビナへと向けたのはもう数時間も前だ。急ぎ向かい、そして対策を練らなければならない。
 と――
「ご一緒させてください!」
 思わぬ声に、バッシュは足を止めた。体半分だけ振り返ると、ラスラがこちらを見据えている。
 驚いたような国王の顔。そしてラスラの顔を見つめ――
(…………)
 彼の目に強い決意の光が灯っていることを認めると、バッシュは頷いて歩き出す。その背中に、駆け寄ってくるラスラの足音が聞こえてきた。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。