第1章 SeeD-23


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「今回の実地試験、場所はドールよ」
キスティス先生が言った。
「まずはバラムシティへ移動。バラム港にて高速上陸艇に乗り換え、
ドールに直行することになるわ。さあ、急いで」

バラムシティへと移動する車中、俺は今朝医務室で見た不思議な夢について考えていた。
あれは、本当に夢だったのか?
白い清楚な衣装を身に纏い、柔らかな微笑を湛えた女性・・・いったい何者なのか?
彼女は俺を見て「やっと会えた」と言った。そして「思い出して」とも。
どこかで会っているのか?俺にはまったく覚えがない。しかしその一方で、
俺は彼女の微笑に奇妙な懐かしさを感じずにはいられなかった。
いったい、どういうことなのか・・・

「な、スコール、ガンブレード見せてくれよ」
俺の思考を妨げるように、ゼルが話しかけてきた。
「な、ちょっとでいいからよ」
うるさいな、邪魔するなよ。
「いいじゃねっかよ~」
相手にしだすと、キリがない。俺は無視を決め込んだ。
「わかったよ、はいはい。お前はケチは奴、そういう事でいいんだな?」
なおも執拗に絡んでくるゼル。
そんなゼルに対し、サイファーがはき捨てるようにつぶやいた。
「ウゼェんだよ、チキン野郎」
「あんだと!」
「いい加減にしなさい!」
キスティス先生が割って入った。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。