第1章 SeeD-28


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

防波堤を飛び越した勢いそのまま、上陸艇は滑るように砂浜に乗り上げた。
ハッチが開くのももどかしく、俺たちは艇から飛び出した。
砂浜はすでに先遣部隊によって制圧されている。
要所に立つ歩哨の脇をすり抜けて、俺たちは市街地に続く道を駆けた。
「このまま中央広場まで突っ走るぞ、俺に続け!」
サイファーは声は張り上げるや、一段と速度を上げて走り出す。
「サイファーの野郎、ご機嫌だな」
「怖気づかれるよりマシさ。行こう」
俺とゼルはサイファーを追った。

市街地の入り口に差し掛かった時だった。
「止まれっ!」
叫び声と同時に、いくつかの人影が建物から飛び出してきた。
それぞれの手には小銃や長剣が握られている。ガルバディア兵だ。全部で10人。
「こいつらがドールの援軍か?」
「SeeDとかいう特殊部隊らしいぞ」
「まだガキって感じだぜ」
ガ兵が口々に感想を漏らす。
「さあ、いよいよお祭りの始まりだ。お前ら、遅れをとるなよ」
サイファーが言った。無言で頷くゼルと俺。
「行くぜ」
俺たち三人は敵めがけて突進して行った。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。