第1章 SeeD-32


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「そりゃ命令違反だぜ」
すかさずゼルが抗弁する。
「何だよ、チキン野郎。お前だって、さっきまで退屈だと言ってたじゃねぇか」
「それとこれとは別だろ。あのなぁ、これ、ただの戦闘じゃないんだぞ。
SeeD認定試験なんだ。勝手な行動はマイナスでかいぜ。
おいスコール、お前からも言ってやれよ」
「・・・・・・」
俺は直言を避けた。
ゼルの言ってることは正しい。しかし、サイファーの気持ちも判らないでもない。
敵目標が電波塔にあると判明した以上、ここに留まり続ける意義は薄い。
「もういい、お前らはここに残れ!俺一人で行く」
業を煮やしてサイファーは言った。
「敵を目前にして怖気づく野郎は、かえって足手纏いだ」
サイファーは電波塔めざし疾走していった。見る間にその姿は消えてなくなる。
「マジかよ、アイツ・・・どうするスコール?」
呆然とサイファーを見送りつつ、ゼルが言った。
「班長を一人で行かせる訳にはいかないだろう。俺たちも行こう」
「チッ、仕方がねぇな・・・恨むぜ、B班の人選した奴」

サイファーを追う俺とゼルは、ようやくの事で丘の頂上に到達した。
サイファーの姿はどこにも見えない。物陰から電波塔施設の様子を伺う。
入口には門衛と思しきガ兵が二人、倒れ伏している。恐らくはサイファーの仕業だろう。
「サイファーの奴、もう中に侵入しちまったのか、やれやれだぜ」
ゼルがつぶやいた。
その時、だしぬけに背後で声がした。
「みぃ~つけた♪」
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。