第1章 SeeD-34


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

俺とゼルは、伝令のセルフィと共に、電波塔施設内部に足を踏み入れた。
中には誰もいない。
部屋の中央にエレベーターがあった。ランプは最上階を示している。
「サイファーは上か。どうする、スコール」
「どうするって、行くしかないだろ」
「そうそう、行くしかな~い!待ってろ班長~」
俺たちはエレベーターに乗り込んだ。

電波塔最上階。エレベーターのドアが開く。
「よう、お前ら。遅かったじゃねぇか」
サイファーが出迎えた。相変わらず、自信たっぷりの表情だ。
「遅かったじゃねぇ!」
ゼルが抗議の声を上げる。
俺は周囲を見回した。何人ものガ兵が倒れている。
「どいつもこいつも期待外れだ。ガ軍にはホネのある奴がいねぇらしい」
サイファーがうそぶいた。
「ありゃ何だ?」
ゼルが壁際にある黒い物体を見つけて言った。
何かのコントロールボックスらしい。広場で見たガ兵が担いでいたものだ。
ボックスからは無数のコードが伸び、建物の配電盤に接続されている。
「ガ軍の連中、いったい何がしたかったんだ?」
「そんな事より、B班班長、伝令~」
セルフィが一歩前に出てそう言った時、背後のエレベーターのドアが開き、
二人のガ兵が姿を現した。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。