第1章 SeeD-35


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「む、これは・・・」
「敵襲か!」
二人のガ兵は驚きの声を上げた。
俺は彼らの階級章を見た。少佐と大尉、大物だ。
少佐は長剣、大尉はメタルナックルを、それぞれ携えている。
「貴様らの仕業か!」
大尉が一歩前に出て、少佐をかばう様にして言った。
「貴様らじゃねぇ、俺様ひとりだ!」
サイファーが負けじと声を張り上げる。
「次はお前らの番だ、覚悟しな」
サイファーがガンブレードを身構えた。
「ほう」
サイファーの構えに感嘆の声を上げたのは、後ろにいる少佐のほうだった。
「少しは出来るらしい。ならば、私が相手しよう」
「ビッグス少佐!」
「構わん、ウェッジ大尉。私は軍人である前に、武人なのだ」
「・・・判りました」
ウェッジ大尉はバトルの邪魔にならぬよう、後方へ退いた。
「面白ぇ。ようやくホネのある奴に出会えたってわけか」
サイファーがほくそ笑む。そして俺たちのほうを振り向いて言った。
「いいかお前ら、こいつぁサシの勝負だ。手出しすんじゃねぇぞ」
      • やれやれだ。こうなっては、誰もサイファーを止められない。
俺たちは仕方なしに、後ろへと退いた。
「私としては、まとめてお相手しても構わないのだが?」
長剣を青眼に構えながら、余裕の表情でビッグス少佐が言った。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。