一節 闇と霧の邂逅6


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「覚悟しろ、幻獣!」
セシルは剣を抜くと一気に間合いを詰め、そのまま跳躍して幻獣に斬りかかった。
そして剣一閃、一撃で幻獣の身体を斬り裂いた、はずだった。
「!?」
おかしい。手応えがない。確かに幻獣に斬撃を浴びせたはずだ。
セシルがあわてて後ろを振り向くと、そこには全くダメージを受けていないドラゴンがいた。
「愚かな。私の身体は霧。故に私を斬る事など…」
幻獣はセシルの方に向き直り、高く舞い上がると、
「出来ないのです!」
牙をむき、暗黒騎士めがけて突進する。龍の牙はセシルの肩を捕らえ、高々と持ち上げていく。
「セシル!」
戦友の名を叫び、カインは高く飛び跳ねた。ドラゴンの真上まで達すると、そこで槍を振り下ろした。
幻獣は口で持ち上げていたセシルを放すと、カインの攻撃を避けた。二人から離れ、一旦距離を置く。
幻獣が充分に離れるのと同時に、セシルが岩の地面に叩きつけられる。
「大丈夫か!?」遅れて落ちてきたカインが、友の肩の傷にポーションで応急処置を施しながら続ける。
「しかし厄介だな…攻撃が全く効かないとは…」
「全くって訳じゃないよ、カイン。」傷を手で押さええながら、セシル。
「どういう事だ?」
「簡単な事さ」首をかしげる竜騎士に、セシルは続けた。
「奴は僕の方に噛み付いたし、頭を攻撃されそうになったら慌てて避けた。つまりあいつは頭が弱点だ!」
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。