FF5 40 運河に封じられし魔物3


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「ふう…手強いエビだったな…」
バッツがやりきった明るい表情で呟いた時、ファリスが気付いた。
「シルドラが居ない!」
「「「えっ!」」」
そう、この船の命でもあるシルドラがいなくなっているのだ。

「あっ!あそこよ!」
レナがシルドラを見つけて指差した先はついさっきカーラボスと戦っていた渦の中心だった。
「あいつ、まだ生きてるぞ!シルドラを道連れにする気だ!」
バッツがそう叫ぶ。
その言葉と同時にファリスは海に飛び込もうとした。
「シルドラーーーーッ!!!」
「ファリス、何をする気だ!」
「そうじゃ、幾らなんでも海に飛び込むなど死を選んでいるようなものじゃぞ!」
バッツとガラフが慌ててファリスを止めに入る。
「離せ!離せよ!!」
「駄目じゃ!」
「シルドラーーーーッ!」

そんなやりとりの目の前でシルドラはカーラボスと一緒に海の中へ消えていった…
やがて渦も消え、静かで穏やかな運河が戻ってきた。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。