FF5 49 船の墓場6


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「はぁー、やっと倒したかぁ…」
バッツは喜ぶ気力もなくなっていた。それほど強い相手だったからだ。
「でも、回復魔法で体力が奪われるなんて…」
アンデットの皮肉さをレナは感じていた。

「それにしても、あの幻から目を覚ましてくれたガラフに感謝しなきゃ、だな」
「なーに、たいしたことは…しと、らん…」
そう言いかけてガラフは倒れた。まだ彼の体には毒が残っている。
「ガラフ!」
「大丈夫か!」
ガラフを心配するレナとファリス。
「あ、そうだ」
思いだしたかのようにポケットから毒消しを取り出し、ガラフに与えるバッツ。
ガラフはすぐに毒が消え、元気を取り戻した。
「ふー、やっと楽になった…と言うより、なんで戦闘中に毒消しを使わなかったんじゃ!?」
「え、だって『わしの事よりあいつを倒せ』とか何とか言ってたじゃない」
「そりゃ、そうじゃが…仲間がピンチなら真っ先に助けんかい!」
ガラフは捲し立てる。さっきまで毒に犯されていたとは思えないほど、元気な口調だ。
「まぁまぁ、今回はガラフのおかげって事で…  ありがとうな」
バッツから出た意外な言葉にガラフは動きが止まり、照れくさそうに笑みを浮かべた。
「あ、照れてるのか?」
「いや、照れてなんかないわい!」
ガラフはそう言って照れてることを隠した。
それが返って照れていることを強調してしまい、バッツ、レナ、ファリスは自然と笑った。
「お、おい、笑うな!もうそこが出口じゃ。さっさとこんな所抜けるぞ!」

こうして一行はやっと船の墓場を脱出した…
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。