FF5 53 飛竜4


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

バッツは普段から旅生活なので、落ち着いて眠ってしまった。
ガラフも老体に疲れが溜まったのだろう、深い眠りについている。
ファリスとレナが今は見張りをしているが、レナはファリスに背中を預け、うとうとと眠ってしまった。
ファリスのほうから「今日くらいは眠れ」と言ったのだが。

一人眠れないファリスは、ある予感とともに夜を過ごしていた。
自分の幼少時の記憶が戻るかもしれない、という予感。
その鍵を握っているのは、自分の背で眠っている少女。

パシン、と、小さく自分の頬を叩く。
(今は今のことだけ考えなきゃ。これからは重大な意味を持つ旅をすることになる。これまでとは違う・・・)
ぶるっと体が震えた。寒さのせいか、武者震いか、それとも・・・
夜は更ける。

翌朝は快晴となり、一行は早々に南に向かって出発し、正午を過ぎて一時間したころ、カーウェンへ到着した。

カーウェンへの道すがら、何度かモンスターと遭遇したが、何とか無事に切り抜ける事が出来た。
内海を挟んで西側のタイクーン地方とは違う、屈強な野獣型のモンスター達だったが、
彼らより恐ろしい巨大怪鳥ウイングラプターや、運河の怪物カーラボスとの戦い、
何よりあの不気味なアンデッド達の中をかいくぐって来たのだ。恐怖など元より無かった。

「割と活気のある町で良かった。情報が集まりやすいから」
宿を確保して、買い物を済ませたバッツ達はさっそく情報を集めに回った。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。