FF5 61 飛竜12


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

やがて人影は四人の前に完全に姿をさらした。
腰に鞭を巻く、30前後の女。
「何者だ!」
バッツが剣を突きつけながら叫んだ。が、別段気にした風もなく、というよりまったく意に介せず、
蛇のような視線を四人にめぐらせる。
その視線が、レナを捉え、口の端を持ち上げニタリと笑った。
「ヒッヒッヒ、何か獲物が掛かるかと思えば、タイクーンのお姫様じゃないか」
「貴様っ・・」
『獲物』という言葉に逆上したファリスが腰の剣を抜きはなち、突進する。が、
「ふん、馬鹿だね!」
女は急にしゃがみ込み、縄らしきものを引っ張った。するとファリスの足元の土が音を立てて
勢いよく下界の森へ落ちていった。
「ファリス!!」
「落ちたよー、ヒッヒ・・・何!」
しかしファリスは落ちなかった。硬い地層に剣を突き刺し、落下を免れていた。そして器用に、す
いすいとあっさり上ってしまった。
バッツとガラフが、レナを抱えてファリスに駆け寄った。
「大丈夫か!」
「ああ、それより・・」
キッとバッツ、ファリス、ガラフの三人が女を睨む。
思わず女は腰に巻いていた鞭の柄に手をかけた。
「ヒヒ・・・いいだろう、教えてやるよ。アタシはこの山でハンターをしてるマギサってもんさ。と言
っても狩りをする相手は動物に限らない。アタシらは魔物、時には人だって狩る。今みたいにね」
ひゅっ、ぱぁぁぁぁん!と音を立て、鞭を抜き地面に打ち付けた。
三人は、まだ顔を青ざめさせているレナをそっと地面に下ろし、庇うように立つ。
      • 再び、マギサの顔が、醜悪な笑みに変わった。
「アンタ!出番だよ!!」
その声に反応してか、奥から大きな、否、巨大な男が現れた。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。