FF5 63 飛竜14


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

同時にマギサは、ファリスに向け洗練された動きで素早く鞭を振った。
唸りを上げ遅い来る鞭は動きを予測するのが難しいが、ファリスはそれを剣
で受け止めた。
「へへ、ちょろいぜ」
剣に巻き付いた鞭をマギサと引き合いながら、ファリスはニッと笑った。

青魔道士の真髄は、その眼力にある。
敵の攻撃を見極める事に長け、熟練の青魔道士は敵の体内で練られる魔力
の流れを見極めることもできるという。

「でかしたファリス!」
ガラフがここぞとばかりにマギサに突進する。
しかしファリスは気付く。鞭の引き合いをしていた時から、マギサが片手で鞭を
握っている事を。
そしてもう一方の手は掌をファリスに向けられていた。
マギサの意識と視線が、ファリスからガラフへと向けられる。
「ガラフ!魔法に気をつけろ!」
言うが早いか、マギサの掌はガラフへと向けられ、間髪入れずに魔法が放たれた。
ガラフは危険を察知し、受身の事など考えずに体を捻り、地面に突っ伏した。
ガラフの背中の服が弾け、服の生地が宙を舞った。そしてそこからプシュッと血が
噴き出た。
放たれたのは渦巻く烈風の塊り、風の魔法エアロだ。ガラフの体をかすめた魔法
はそのままガラフの後方へ流れていき、山の岩肌を削り取った。

「てめぇ!!」
マギサの意識がガラフに向けられた一瞬、ファリスは剣に巻き付いた鞭を素早く
ほどき、マギサに斬りかかった。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。