一節 航海4


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

セシル殿! あなたは我々を侮蔑されるのか!」
 突然ウェッジが声を荒げた。
「我らファブールの民が、そのような度量の狭い者の集まりとでもお思いか!?」
「・・・」
「その鎧の内側にある本質も見抜けぬような目くらとお思いなのか!?」
 熱が入ってしまったことを恥じるようにウェッジは息をついた。だが、その目にはまだ
彼の情熱がらんと光っていた。
「・・セシル殿、確かに我ら民衆は国に属するもの、国を守り、国を尊び、そして
国を愛するものです。だが、だからといって我々は国そのものではない。そこに固執する
あまり、祖国への愛情をはき違えてしまっておいでではないか?」
(・・・ウェッジ)
 目が覚めるような思いで、セシルは目の前のモンク僧の言葉をかみしめていた。
 その通りだ。王を憎み、祖国に絶望して剣を向けたのに。その実、自分の心は結局のところ
国に属していた。もちろんそれに気づいてはいた。だが、どれだけ変わっても祖国は祖国だ。
それが愛国というものだと、そう信じていたからこそであった。
 しかし、間違いだった。国を愛しているからこそ、国を捨てねばならない時があるのだ。
何のことは無い、自分には勇気がなかったのだ。国を捨て、帰ることが許される場所を失う
ことが怖かったのだ。そして、そんな彼の心を後押しするように、力強い言葉が響く。
「心配召されるな、セシル殿。
 ファブールの民はあなたに感謝こそすれ、決して憎みなどしますまい」
 ウェッジは笑みを浮かべて振り返った。背後に沸き立つ大衆の姿が、なによりの証明では
ないか、そんな自信に満ちた笑顔だった。セシルがうなずきかけた所を、後ろから猛烈な
勢いで背中をぶっ叩かれた。
「そうだよ、セシルさん! あたしらはそんな尻の穴の小さい人間じゃないんだからね、
馬鹿にしてもらっちゃあ困るよ! それにあんた、やらなきゃいけないことがあるんだろ!?
くだらないこと考えてないで、しっかり頑張りなね!!」
「あ、ありがとうございます」
 豪快な奥方の振る舞いで、周囲に広く笑いが起こった。
 吹き飛ばされそうな笑い声の中、セシルはずっと自分の心を覆っていた霧が、ついに晴れて
ゆくのを感じ取っていた。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。