一節 航海11


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 帆が無くなっていた。跡形も無く。

 海王がその身を一振りしただけで、あれほど頑丈であった帆が、まるで小枝を折るように
吹っ飛ばされてしまったのだ。あまりにも圧倒的な力。
 破壊された音すら聞こえなかった。・・ただ、風の音だけが。
「畜生め! どうしろってんだ!!」
「ヤン! 無事か!?」
 腹立たしげに舵を叩く船長。一方セシルは、帆を抑えていたヤンの安否を求めた。
「ヤン!! どこだーーーッ!」
「ここだ、セシル殿!」
 帆柱の陰からヤンの声が届く。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。