一節 航海12


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「無事か!」
「私は大丈夫だ! それよりも・・!」
 駆け寄ると、ギルバートが胸を抑えたまま苦しげに踞っていた。
「ここにいたのかギルバート! 君の方は、」  
「ゲホゴホゴホッ、ガハッゴハッゴホッ……!」
「!?」
 咳き込む口を抑えるギルバートの手から、赤い色がにじみ出ていた。
「ギルバート! 怪我をしたのか!?」
「ぼ、僕のことは気にするな! もう一度、来……ゴホ、ゲホゲホッ!」
 苦しみながら彼が指し示す方を見ると、海神は再び尾を振り回し始めていた。
「セシル殿! 彼は私が!」
 ヤンがギルバートの背に手を添えながら、リヴァイアサンを目で示す。セシルは頷き、
剣を抜いて船の先端に走り出た。
「船長! 僕の身体を支えていてくれ!」
「お、おう!」
 彼の声の強さに気圧され、船長は少しだけ躊躇した後に舵を離すと、その野太い腕で
彼の腰を守る。もはや舵など握っていても意味がなかった。
 すぐさまセシルは全精力を黒い刃に注ぐ。刀身から闇が溢れ出した。
 後のことを考えている場合ではない。この剣ならば、必ず耐えてくれるはず。
 ひたすら機を待ち続けるセシル。やがて、リヴァイサンが大きく身をよじった。

「うおおぉぉぉぉ!!」

 次の瞬間、鋭い鞭のように襲いかかるその尾撃にむかって、セシルは剣をかざした。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。