一節 航海17


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「・・とことん、逃がさないつもりなのか・・!」
 もはや彼らになす術は無かった。神の絶対的な仕打ちは、それに抵抗することが罪ですら
あるかのような思いを、船員たちの弱った心に植え付けていた。残った船員たちはただ終わりが
齎(もたら)される時を呆然と待ち、船長は船の舳先に座り、感慨深げに海を眺めていた。
荒波に覆われた水面には、先ほど飛び込んでいったヤンの姿も、水に沈んだままもはや見えない。
セシルは憮然として、地に視線を落とした。やり場のない絶望が彼を満たし、それに抵抗する
ように彼は拳を床に叩き付けた。
(ここで終わりなのだろうか、・・・こんなところで・・)

 セシルは膝をつき、目を閉じて胸の傷跡に手を添えた。


(・・・ごめんよ・・ローザ)


 抗う気力を無くした船は、ただ引き寄せられるのみであった。
 やがて、無数の悲鳴とともに、大渦はその口中深くに獲物を飲み込んだ。
 しばし余韻を味わうかのように満足げな波音が響き続け、それもやがてあっけなく消えた。
 後には何も残らなかった。大波も、船の木片も、ひとりの人の姿も。

 ただ、穏やかな青だけがその場に息づいていた。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。