二節 試練3


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

何と言うことだ。ローザを助けるどころか、皆をみすみすとこんな目に遭わせてしまった。
「みんな、すまない……」
だが、どんなに謝っても償いきれる事ではない……それでもセシル
は今は亡き仲間達に懺悔し続けた.
「くっ、ううぅぅ……」
蒼の瞳から涙がこぼれ落ちる。それはセシルがバロンを出てから初めて流した涙であった。
拳を振りかざし砂浜に何度も打ち付ける。
何故、自分はみすみす生き残ってしまったのだ、
やり場のない怒り、残されたものの虚脱感がセシルを支配していた。
「こんな僕につきあってしまったばかりに……みんなは……」
セシルはそのまま打ち震え、泣き続けた。打ち付けた拳には激痛が走る。
それでもセシルは砂浜に拳を叩きつける。そうするしかなかった。
何故だ……?
どうしてこんな事になったのだ。そんな疑問に答えてくれる者は誰もいない。
「みんなを……」
うなだれるセシルの口から小さな声が漏れる。
「返せ……」
その声は先程の声少しだけ大きかった。そして……
「みんなを! 返せぇぇ!……」
セシルは叫んだ。今までで一番大きな声で。やがてそは山彦となりセシルに
返ってくるする。
日は傾き、今日と言う日は終わりを告げようとしていた。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。