二節 試練7


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「・・ローザ」
「なぁに?」
 パンが底を尽きて、なんとなくセシルは尋ねてみた。
 別に何か、特別な答えを期待したわけでもなかった。会話がとまって、ふとその言葉が
口をついて出てきたのだ。
「どうして今日に限って、僕を誘ったんだい?」
 ローザは視線をセシルから離すと、また黙ってパンを口に含みだした。
 まずいことを聞いたかな。セシルが謝ろうとした時、
「・・うぅん、別になんでもないの。ただ、カインとは二人だけでいたことはあったけど、
あなたとは無かったから・・それだけ。・・嫌だったかしら?」
「そんなことないさ!」
 なんだ、そんなことだったのか。
 セシルは妙に安心して、笑いながらかぶりを振った。ローザもそれに笑顔で答える。
でもその笑顔にはどこか淋しそうな色があって、そして夜空に目を移していたセシルは
それに気づかなかった。

「ローザ、月が出てるよ。今夜は満月みたいだ」
「・・綺麗ね」

 セシルは気恥ずかしさからか、半ば無理矢理ローザから目をそらし続けるように月を見上げた。
だから、彼女が見ていたのが月などではなく、幸せそうな彼の横顔であったことにも、もちろん
気づきはしなかった。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。