二節 試練11


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 だが、その歩みも止められる。
 ふいに頭が熱くなり、突き落とされるようなめまいがセシルを襲った。グラグラと世界が揺れ、
徐々に周囲の景色が大きくなっていく。おまけに身体の自由が利かない。
 ようやくその意味に気づいた時には、彼の身体はどす黒い蛙の姿へと変わっていた。
「思い知ったか!!」
 いつのまにか背後にいた黒魔導士が、セシルを乱暴につかみ上げる。憎しみの炎で瞳をギラつか
せた魔導士は、思うさま彼を地に叩き付けた。
「どうだ! 何か言うことがあるか!?」
 そういったところで、出てくるのは蛙特有の低い鳴き声だけである。その惨めな様子を楽し
そうに嘲笑い、また魔導士はセシルを嬲りつづけた。
 気づけば周囲には人だかりが出来ている。取り囲むように事の成り行きを傍観している彼らの
なかには、嘲笑う者、喝采する者もいれば、ただ無表情に眺める者、不愉快そうな表情で目を
背ける者もいた。ただ、誰一人としてその暴行を止めようとする者はいなかった。
 復讐に燃える魔導士の熱情はますます暴れ回る。魔導士は、泥まじりの水たまりを見つけ、
そこにセシルを押し付けた。
「ほぅら、お前にはそこがお似合いだよ」
 蛙の身体と言っても、魔法によるまやかしの代物である。すぐに息がつまり、セシルは身を
よじって抵抗したが、いかんせん無駄な試みであった。
 遠くで群衆の笑い声を聞きながら、セシルの意識は遠ざかっていった。



「やめよ!!」
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。