二節 試練15


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「偶然ではない」
「え?」
「それはそなたに与えられた試練だろう」
「試練・・」
「そなたは大きな罪を犯し続けた。誰のせいでもない、それはそなた自身が生んだ咎だ。
 暗黒剣という強大な力がそなた自身に及ぼす闇の力に、そなたは抗う事が出来なかったのだ。
そしてそなたの弱さによって多くの者が傷つけられた。彼らを失った者たちは、今なお苦しんで
いる。このジェシーもその一人だ」
 ジェシーの憎しみに満ちた目がセシルを睨む。だが、長老はふいに小さく笑った。 
「だが、不思議かな。そなたの心はそれでもなお、その光を失っておらぬようだ」
「・・・」
「・・あるいはそなたの持つ光が、自ら宿主たるそなたをここまで運んだのかもしれぬ。
そして今、そなたは己の意志でこの国に足を踏み入れた。もう試練は始まっているのだ。
そなたはその試練に打ち勝たなければならぬ」
「どうすれば・・」
「・・パラディン、という名をご存知か?」
 ハッとするセシル。突然ジェシーが取り乱して口を挟んだ。
「長老! そんな話をこの男にする必要はありませんっ!!」
「口を挟むでない、ジェシー」
「でも!!」
「・・・聖騎士、パラディンですか?」
 ジェシーが驚きに目を見開いた。長老は重々しくうなずく。
「その通り。闇を振り払う、心に無限の光をたたえた聖騎士、それがパラディンじゃ。
 かつて世界を襲った危機の折り、一人の男が、魔物の巣食う危険な山の山頂にあるという
神の剣を求めて旅立った。苦難の末に剣を手にした彼は、剣とその心の光とで世に安息を齎した。
    • ミシディアに伝わる聖騎士の伝説じゃ」
「私にパラディンに・・なれ、と?」
「口を慎みなさい! 暗黒騎士!!」
「ジェシー!!」
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。