二節 試練18


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

とっさに身を引くセシル。
 しかしそんな彼をよそに、どういうわけか横の二人は、うんざりとした様子で顔をしかめる
ばかりだ。不安げに煙と二人を見比べていると、やがて、
「とうっ!」
 間抜けなかけ声。
 颯爽と煙から飛び出して来たのは・・・・・男の子だ。
 おかっぱ頭のその少年は、礼儀正しい少女とは対照的に、進んで無遠慮を誇示せんとする
ばかりにポケットに手を突っ込んだまま、じろじろとセシルを眺めまわした。
「・・おめーがあの時のバロンのやつか」
「君は・・?」
「オイラはミシディアが誇る天才魔導士、パロム様だ! よく覚えとけよっ!」

 そういうとまたかけ声とともに飛び上がり、なにやら妙なポーズを取り出す。
 呆気にとられ、セシルは恐る恐る長老に尋ねた。
「あの・・まさかこの子たちが?」
「さよう、双子の魔導士パロムとポロムじゃ。まだ幼いがその素養はわしが保証しよう」
「・・・」
(冗談じゃない・・)
 声を失う彼の背中をパロムが小突く。
「おい、じーさんの言いつけだから仕方なく手を貸してやるんだからな。ありがたく思えよ!!」
「パロム、無駄口を叩くでない! おぬしらの修行もかねておるのだ!」
 唖然としたまま、セシルはもう一度双子を見つめ直してみた。
 ポロムと呼ばれた少女の方は、その言動もさながら確かに年不相応にませた顔つきをしては
いるのだが、・・やはり女の子だ。それもリディアよりさらにひと回り小さい。魔物にあったら
たちまち泣き出してしまいそうだ。
 パロムの方はというと、ませたというよりもヒネた顔で、どうやらこの年頃の男の子を象徴する
ような悪戯ものらしい。勇ましいのか、無鉄砲なのか、どちらにしてもとても援護になどなりそう
にない。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。