二節 試練28


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 なおも振り返らぬ長老の背に、彼女はそっと頭を垂れた。
 何と自分は浅はかだったのだろう。もはや疑う余地など無い。この人の悲しみは、間違いなく
誰よりも深く、そしてなお、この人はその苦しみから逃げようともしなかったのだ。
 自分ごときに、彼を問いつめる資格など到底ありはしなかった。

「…だがな、それではいかんのだ」
 顔を上げる。いつのまにか老人の目は、うなだれていた彼女を見据えていた。
 その声にはもう先ほどの激昂の影も無い。
「ジェシー。今のミシディアはお前の目にどう映っておる?」
 長老は壁の一角に掛けられた絵画に目を向けた。
 描かれているのは円形の街並、美しいミシディアの全貌だ。
「どう……とは?」
「わしには今のミシディアが、ミシディアには見えん」
「?」
「バロン、バロン、バロン……。街に出れば、誰もがバロンの名を口にしておる。
 わしは妙な錯覚すら覚えてしまうよ。ここはミシディアではなく、バロンなのか? とな」
「そんな……そんなことは…!」
 思わず強く首を振っていた。だが彼の溜息を打ち消す言葉が見つからない。
「誰も彼もいつまでもバロンへの憎しみを捨てようとはせぬ。彼らはすすんでそうしておるのだ。
誰かに自分を押し付けて生きるのは楽だからじゃ。逃げておるのじゃよ。
 それが何より自分の心を擦り減らしているとも知らずに……」
「それは……」
「変われると思わぬか?」
「え?」
「もしもあの男を許すことが出来たら……、あの男が、光をまとって戻って来たならば、
あの男がわしらと同じ、苦しみに悶えていた人間なのだと理解してやれたならば……、
我らミシディアの民の胸にも、まことの強さが戻ってくるとは思えぬか?」
「………」
「それこそがあの男を東に送ったわしの真実じゃ。
 わしはミシディアを愛しておる。だが、今の情けない民は許せんのだ!
 ……そのツケは、この事態を招いた張本人であるあの男にとらせてやる。必ずな」
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。