二節 試練30


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

結局ジェシーの言葉を肯定する結果になり、長老は自嘲するように口の端をゆがめた。それが、
どうしてか、ジェシーにはひどく残酷な仕打ちのように映った。
 長老の話し方にはずっと、何かを伝えたがっているような、どこか婉曲な響きがこめられていた
のだが、些か冷静さを欠いていたジェシーには、それがあたかも強者が弱者を弄んでいるように
見えていた。


「……それなら、なぜあの子たちを選んだのです」
 彼女本来の、直情的な闘志を瞳に乗せて、彼女は長老を睨んだ。
「不満かね? 確かにあの二人は幼いが、それを補って余りある才を持っておる。
 わしや、おぬしよりもじゃ。いつまでも街の中におさまっているような器ではない」
「そんなことではありません!」
 白々しい言葉にジェシーは苛立つ。
「あの子たちは……あの子たちのご両親は……ッ」
 あどけない双子の顔がちらつき、言葉に詰まってしまう。
 切なげに視線を彷徨わせるジェシーに目を細めながら、長老は静かに言葉を続けた。
「であるからこそ、『修行をかねている』と申したのだ」
「………どういう意味です?」
「……既に言ったように、あの子らの秘めたる素質は計り知れぬものだ。誇張などではない、
あの二人は間違いなく、わしが今まで見て来た誰よりも有能な魔導士じゃ。彼らが民の先に立ち、
やがてこのミシディアを導くようになるのは、そう遠い未来ではないだろう。
 じゃが、表面上はどうあれ、あの二人の心は未だに両親を失った悲しみで曇っておる。魔道とは
心の道、惑いのないものにしかその道を進むことはできぬ。幼いまま、悲しみを背負ったままに
歩み続ければ、いずれは道を踏み外してしまうじゃろう。そのためにも、過去はあの子ら自身が
決別せねばならぬのだよ」
「無茶です! あの二人はまだ五つの子供なんですよ!?
 そんな重荷を、あの子たちだけに背負わせるおつもりですか!!」
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。