二節 試練36


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「どちらにしろ奴とて四天王の一人、惨めに負ける事などはせんだろう」
「四天王?」
初めて聞くその名にカインは疑問を口にする。
「私が呼び出した魔物達を統べるものたちだ。先程のスカルミリョーネの他に
水のカイナッツオ、風のバルバリシア、火のルビカンテの三人がいる」
「他の奴らは今何処にいる?」
「私の命に従ってそれぞれの場所で役割を果たしている。機会があったらお前にも詳しく
紹介してやろう」
「ああ……」
相づちを打ちつつもカインの頭には部屋の奥にいるローザの事が気がかりであった。
「そうだ、カイン。ファブールへの侵攻はご苦労だった。お前には少し休息をやろう」
「どういう事だ」
「言ったとおりだ、しばらくの間は自由にしておけ。ここでローザの見張りでもするのだな
それと部屋を用意した休みたい時は使うがいい」
「そうか。じゃあ言葉に甘えるとしよう。では……」
そう言った後、そそくさとこの部屋を出て行った。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。