三節 山間5


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 デスブリンガーが光っていた。刀身から黒い邪気が溢れるほどに。暗黒剣を放つために、
セシルが自分の命を剣に注いだ時と同じだ。だが、彼は暗黒の力を込めてはいない。
 ハッとセシルは動かなくなった巨鳥の残骸に目を向けた。緑黄の草生えを染める黒い血の色が、
黒色の刀身と重なる。
(お前の力なのか……?) 
 死をつかさどる刃は、満足げにその色を滲ませた。

 その後も何度かズーと遭遇したが、結果は同じだった。疑問は確信に変わる。やはり、この剣の
為した仕業なのだ。
 つくづく呪われた力だな、と思った。それは彼が暗黒剣を志してから、常に感じ続けていた
ことだ。暗黒騎士という甲冑に身を包み、人々からの冷たい視線を浴びるにつけ、彼はいつも
自身を蔑み、そして暗黒剣を蔑んだ。剣を見つめるとき、彼の視線は必ず悲哀に満ちており、
剣もその視線を吸ってまたその身を黒く染めていった。
 だが今、剣を見下ろすセシルの顔には、ふっと柔らかい笑みが浮かんでいた。 
(……お前にも随分と世話になったんだな)
 長年の友を労うような、そんな安らかな想いが彼の胸に溢れていた。
 そんな気持ちになったのは初めてだった。そうであった自分が、剣に対してひどく恩知らずな
ようにすら思えた。ファブールの最後の夜、ヤンの口にした言葉が耳に響いた。
 彼の言わんとしていたこと、その言葉の先にある意味が、今ではよく分かった。例えどのような
性質の力であろうと、それをどう示すかはその人間次第だ。この力に傷つけられた時も、そして
救われた時も、剣を振るったのは僕自身だった。
 暗黒剣は闇の力。だがそれは、あくまで使うもの自身の闇に過ぎない。  
 そんな当たり前のことが、どうして今までわからなかったのだろう。
 そして、なぜ今になって気づいたのだろうか。
(…不思議だな)
 彼はもう一度、雄大な山を見上げた。


「さあ、行こうか」
 まだ律儀に見上げている二人を促し、セシルは足を踏みだした。
 彼らの先には、伝説の軌跡が敷かれている。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。