三節 山間6


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

足場の悪い山道を進んでいると、まもなく前方になにやら赤いものが映った。近づいて見ると、
ゆらめいているように見えたそれは巨大な火柱だった。
「あれは?」
「長老様の魔法ですわ」
 ポロムが手短に説明する。
「力なき者が、無闇と山に入り込まないようにと張られた結界です」
「結界、か」
 頷きながらセシルは魔法の火に目を向けた。ごうごうと唸りをあげて燃えさかる炎は、かなりの
距離をとっていても熱を及ぼしてくる。なるほど、壁のように山路を遮っているそれは、まさしく
結界と呼ぶに相応しい代物だ。
「しかし、これじゃ僕たちも……」
「大丈夫ですわ。────パロム、出番よ!」
「わかってるよ! いちいち威張んな!」
 悪態をつくパロムは既に炎の前に進み出ており、ロッドを翳すと、静かに目を閉じた。セシルも
すぐにその意図を察して、ポロムと共に後ろに退がる。パロムが目を見開き、咆哮をあげた。
「ブリザドぉッ!」
 杖の先端の宝玉から勢いよく飛び出た吹雪が、結界の炎に襲いかかる。たちまち地面に
吸い込まれるように火は消えてしまった。
「見たかあんちゃん、ざっとこんなもんさ!」
「パロム!」
 すかさずポカリ、とポロムのげんこつが入る。
「おごり高ぶってはいけないと長老がおっしゃってるでしょ!」
「いてーな!」
「まったく……。さ、それではまいりましょ。セシルさん」
 ニッコリと見上げるポロム。ところが、呼びかけられた方のセシルは、消えた炎の名残を
見つめたまま、ぼうっと立ち尽くしていた。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。